プロフィール


北海道札幌市生まれ。
約15年間の会社員、ラジオレポーター、司会、MC業を経て、現在はフリーランスでイベント関係の仕事をメインに活動しています。

と、今でこそ堂々と言えますが、ここに来るまでにかなり迷走しました。。。
そんな暗黒歴史を公開します(笑)


おしゃべりで怒られまくった幼少期


小学校の頃は、通信簿に毎回「授業中のお喋りが多いので気をつけましょう」と書かれるくらい、とにかく人と話していることが好きな小学生でした。

喋ること(アウトプット)が大好きな反面、インプットも大好きで、小学校の図書館の本を全制覇するくらいの読書好き。

中でも当時好きだった本は「ズッコケ三人組シリーズ」で、個性がバラバラな3人が助け合いながら、様々な冒険をするストーリーに、私も大きくなったら、個性豊かな仲間と冒険したいなぁと憧れていました。


3人兄弟の長女です

アルバイトで目覚めた私の強み


そんな読書にしか興味のなかった小学生も、高校生になると誰もが通る道「オシャレしたい、遊びたい」青春時代を迎えることに。

そこでお小遣い欲しさのために、生まれて初めてのアルバイト(某ファストフード店)を始めることにしました。


何もかもが楽しかった高校時代

初めてのアルバイトだったにも関わらず、小学校時代の「人と話すことが好き」が功を奏し、お客様応対で人生で初めての「賞」を受賞。高校生ながらに「自分の応対でお客様が喜んでくれる」ということにひそかな喜びを感じ、日々どのような接客をしたらお客様が喜んでくれるのかを考えながら働いていました。

また、その当時憧れていたのは「言葉で人を元気にさせる」ラジオパーソナリティのお仕事。落ち込んでるときや元気が無いときには深夜ラジオが自分にとって最高の癒しで、いつか私もこんな風に「言葉やトークで人を元気にしたい」とひそかに思っていました。


友達と遊ぶよりもアルバイトの方が楽しかった


高校を卒業すると、さらにアルバイトが楽しくなり、専門学校に通いながらも1週間ほぼ休みなく働いていました。

イベントスタッフ、キャンペーンガール、ホテルのウェートレス、定食屋、焼き鳥屋など様々なアルバイトをしましたが、色々な人と出会うことが本当に楽しくて、友達と遊ぶよりも、アルバイトに行くことを選んでいたくらいです。

働くって楽しい!!早く卒業して働きたい!!と社会人への憧れがどんどん膨らんでいきました。


学校をサボってアルバイトに明け暮れた専門学校時代。出席日数がギリギリで卒業が危うかった(笑)

それなのに入社した会社で総務部に配属。。。


しかし、社会人になって「仕事って楽しい!」という気持ちは一気になくなりました。
なぜなら人と関わることが好きだったのに、新卒で就職して配属されたのはなんと「総務部」だったからです。シーンとした部署内で、毎日のルーティンワークをこなす日々。。学生時代からやってきたことと正反対の仕事内容に、悶々とした日々を送ることになりました。

仕事って楽しい!そう思っていた専門学校時代の気持ちは嘘のように消えていきました。

そんな毎日の中でなんとかやりがいのある仕事を見出そうと選んだ手段は(今でこそ言えますが)副業でした。会社が終わったあと、飲食店で働いたり、土日にはイベントスタッフとして働いたり、「自分がやりがいを持って働ける場所」はどこかにないかと常に動いていました。

転職をしたり派遣会社にも登録し様々な会社を渡り歩きましたが「これが自分のやりたい仕事なんだ!」と自信を持って言える職場は見つかりませんでした。

しかし様々な会社を渡り歩く中で、一つの場所や仕事にとらわれず「常に新しいことにチャレンジすることのワクワク感」「知らないことを知ることの楽しさ」「出会いの面白さ」を感じる自分がいました。

そんな自分のワクワクに反して周りからは「飽きっぽい」「長続きしない」「一つの会社で長く働いたら?」と言われる。

自分の心に正直に生きた方がいいのか
周りの人の言う通り長続きしない自分はダメなのか
20代はこの2つの想いの間でいつも悩んでいました。


やっとやりたい仕事に就けた


そんな悶々とした日々に急展開が訪れたのは、20代後半。小さい頃から憧れていたラジオレポーターのオーディションにダメもとで応募したところ、なんと奇跡的に合格したのです!!!

やっと自分のやりたい仕事ができる!!!
自分を活かせる!!!

そう思ったのも束の間、毎日のようにディレクターさんや先輩から指導が入り、落ち込む日々。「全然伝わらない」「何であんな表現をしたんだ」「言葉が間違っている」「暗い」「もっと元気に」、、、そんなことを言われ続けるうちに、人格までをも否定されているような気がして、喋ることが怖くなっていきました。

そんな中、ただ一人だけ私の下手くそなレポートを「個性だ」と言ってくれた方がいました。「お前のレポートを聞いて、笑って喜んでくれるお客さんがいる、それでいいじゃないか」と。

おかげで、その方の番組だけはのびのびと自分らしくレポートすることができました。それと同時に「このままの自分を活かし、それを欲してくれる人と仕事がしたい」という気持ちが芽生えはじめてきました。


ありのままの自分を活かせる仕事を求めて


その後、レポーターや喋りの仕事に限界を感じ、再び自分を活かせる仕事を探すべく、会社員に戻ることに。

今までの転職経験やアルバイト経験が役立ち、どんな業務もそつなくこなせ、人間関係に悩むこともない、他人から見れば幸せな日々を過ごしていたと思います。けれど、やはり私には何か違う、物足りない、スッキリしない悶々とした日々でした。

それは「会社で本当の自分を表現できなかったこと」こと、そして「どんな仕事でもそつなく出来るけれど、これと言って自分の強みや個性がみつからなかったこと」でした。

さらに、自分の夢や目指す未来を話した時に否定してくる、バカにする、いわゆる「ドリームキラー」と呼ばれる人たちが、会社には沢山いました。そして逆に私の個性を「一人の人間として」きちんと見てくれる人はほとんどいなかったからです。

会社は多様な人間の集まりなので仕方のないこと、けれど1日8時間もの間、その人たちと過ごすことに日々悶々とし、こんなに沢山の仕事をしてきたのに、これと言って自慢できるようなキャリアや強みもない、でもこのまま終わりたくない!という思いから本気で自分の生きる道を模索し始めました。


会社以外のコミュニティで浮き彫りになった自分


そこからは、本を読んだり、勉強会に参加したり、趣味の講座に通ってみたり、セミナーに行ったり、海外旅行に行ったり、とにかく社外活動に勤しむ日々を送りました。 

しかし探している何かはなかなか見つからず、見えてきたのは「自己紹介すら自信を持って言えない」「自分の考えを話すこともできない」自分でした。

レポーター時代、そして会社員時代、話したことを否定されているうちに、自分に自信がなくなっていたのです。

そこで、自信を持つためにまずやったことは徹底的に自分を知ることでした。巷に溢れる数々の「自己診断ツール」を受けたり、統計学や占いで適職を鑑定もしてもらったり、東京まで行きコンサルティングを受けたこともありました。

そのおかげで、何となく自分の傾向がわかってきたものの、これだ!!!と確信を持てるものはありませんでした。

そこで次にチャレンジしたのが、自分に自信をつけるための資格取得。通信講座や、様々なレッスンに手を出しましたがあえなく挫折。。。

ただ、そんな迷走を続けるうちに分かったことが1つだけありました。

それは、探しているものは自分の中にある他の誰かに答えを見つけてもらうものではない、答えをみつけるのは自分だ、ということ。けれど、それを自分で探す方法がわかりませんでした。


フィリピンの離島カミギン島にて

自分史との出会い


そんな時に知ったのが自分の過去を棚卸しする自分史を書くというものでした。

生まれた時から今まで、自分はどんな生活をし、どんなことを考え、どんな感情を持っていたのか、事細かに思い出していくうちに、過去から現在へつながるものがみえてきたんです。自分の価値観、知らずに使っていた強み、勝ちパターン、、、今まで何をやってもモヤモヤしていたことが、一気にスッキリしたことを覚えています。

そして何より腑に落ちたのは、自分の中にあったものを自分で見つけたからです。


自分の人生を歩むために大切なこと


この経験を通して分かったことは、自分の強みや個性を最大限に発揮し、自分らしい人生を送るためには以下の3つのことが大切だということ。

「自分と真剣に向き合う時間」…多くの人は自分自身と向き合うことを避けています。自分の望む未来や、本当に望む幸せとは何か?!覚悟を決めて向き合うことが必要です。

「自分を安心して表現できる場」…自分の発言を否定されると、人はどんどん自分を表現しなくなっていき、考えることすらやめてしまいます。付き合う人や一緒にいる人が自分の人生を決める!と言っても過言ではない。それくらい環境って大事です。

「共感し、応援し合える仲間」…仲間やパートナーがいることで、未来の目標が加速します


目指す未来


「自分と向き合い、真剣に考え→安心安全な環境で想いを表現し→ポジティブな仲間と歩んでいく」自分の望む人生を歩むにはそれが必要です!!!

私は3年かかってやっとこれに気が付きましたが、これを多くの女性に早く気づいてもらい、1日でも早く自分の強みや魅力を全開に表現して、生きてほしいと思っています。

この世に自分らしい働き方・生き方が出来る女性がもっともっと増えますように!!!

仕事実績や現在の活動はこちらをご覧ください


新婚旅行でロサンゼルスに行きました